アロマテラピーを楽しむために知っておきたい注意点4つ

手軽に楽しめるアロマ ところが・・・

街のあちらこちらに「アロマショップ」を見かけるようになりました。精油を使うアロマテラピー。手軽に生活に取り入れて楽しんでいらっしゃるかたも多いと思います。アロマランプ、アロマディフューザー。芳香浴やマッサージ、バスタイムなどなど。ところが、ショップで精油を購入して自己流で始めてしまうかたがとても多く、精油には隠された危険があることを知らないかたもたくさんいらっしゃいますので、ここではおもな注意点4つをお話いたします。

1.精油には直接触れないで

精油は植物から得られる自然・天然なもの、だから安全、安心と思い込むのはとても危険です。精油の原液は濃度が高いので、直接触れると炎症をおこしてしまうことがあります。マッサージではキャリアオイルに精油を混ぜて使う理由のひとつでもあります。もしも直接触れてしまった時にはすぐに流水でよく洗い流してください。ラベンダーとティートリーだけは直接触れてもよいことになってはいますが、お肌の弱い方は要注意です。また、プラスチック製品などは精油に触れると、精油成分の作用で溶けてしまいます。

2.保管場所に注意しましょう

アロマペットがいたり小さなお子さんがいるご家庭では特に保管場所に注意しましょう。飲んだりなめたり目に入れるとたいへん危険です。精油は直射日光や湿度の高い場所を避けて冷暗所に保管します。特に直射日光を苦手とするため、精油は遮光ビンに入って売られているのです。また、浴室近くの洗面所に置きっぱなしにするのは好ましくありません。開封後は1年前後で使い切ります。ですから、多少割高でも容量の小さな精油を買うことをおすすめします。

3.火気に注意しましょう

精油・エッセンシャルオイルという文字から、油脂というイメージが浮かぶかたもいらっしゃるでしょう。たしかに精油は水に浮いて「あぶら」のように見えます。でも、精油はいわゆる「あぶら」とは違いますし、粘度の高いベンゾインなどは水に入れると沈むのです。しかしあぶらと同じ性質があります。それは「引火性」があるということです。そのため、火の近くで精油を扱うことはやめましょう。また、キャンドルに火をつけて上皿を温めるタイプのアロマランプは、思いがけず火事の原因になることもありますので、使用するかたは特に注意をしてください。

4.精油は100%ピュアなものを選びましょう

ラベルにアロマオイル、ポプリオイル、フレグランスオイル、などと書かれているものはアロマテラピーとして芳香浴やマッサージ、バスエッセンスなどに使うには適していません。100%ピュアな精油には、ラテン語で原料植物の学名(ラベンダーには Lavendula angustifolia、ローズマリーには Rosemarinus officinalis、など)が書かれています。そして、原産地名(フランス、ブルガリア、チュニジア、日本、などなど)、抽出部位名(果実、葉、花、茎など)や抽出方法(水蒸気蒸留法、溶剤抽出法、圧搾法など)が書かれていますから確認してから購入しましょう。

ご存知でしたか?

アロマテラピー

上記4つの注意点の中には「知らなかった」ということもあるかもしれません。あわててビンに貼られているラベルを確認する人もいらっしゃるのではないでしょうか。もっともっとアロマのことを知りたいかたはお近くのアロマテラピー教室にいらっしゃるとよいかもしれませんね。ヒーリングルーム ローズマリーでもご希望の時間に教室をしていますので、ご興味のあるかたはお気軽にお問合せください。

ヒーリングルーム ローズマリー アロマテラピーのページはこちら

 

コメントを残す

このページの先頭へ