アサーションとは

アサーションをご存知ですか?

自分の考え、欲求、意見を他人に伝えることを自己主張といいます。
日本人はこの自己主張が苦手な人が多いと言われます。
また、自己主張をしない方が人間関係がうまくいくと思っている人もいます。
つまり、周囲の人の意見に合わせる、相手を立てる、同調するほうが波風を立てずに事が進むというわけです。

あまりに自己主張が強い人は「あの人は目立ちたがり屋だ」とか「わがままだ」「一方的だ」などと言われたりしますし、自己主張をされて不快に感じる人も少なくないでしょう。

その一方で、自己主張ができないばかりに、自分の意図しないことに従わざるを得ない、本当はこんなはずではなかった、と心の中に不満をためるばかりでそのことを口にも出せず、ますます不満がつのり、ついに爆発・・・。

ストレス

爆発する前になぜ言ってくれなかったの?ということになるのですが、当の本人は、「言えない」性格だからこうなるのです。

「はじめから言えたらこんな苦労はしない。」というわけです。

ところが、この自己主張を自己表現という言葉に置き換えると、ちょっと違ってきます。

 

自己表現とは

自分の内にあるもの(感情、思考など)を、形のあるものにして外に表現することを自己表現といいます。

それは言葉であったり芸術作品であったりもします。

より良い人間関係を築くためには「自己主張」をするのではなく、自分自身も相手のことも大切にした「自己表現」をする「アサーション」という自己表現法を身につけるとよいでしょう。

コミュニケーション

この自己表現法には3つのタイプがあります。

 攻撃的自己表現(アグレッシブな自己表現)

これは、相手のことを配慮しない自己表現法です。
先ほどの「自己主張」と同じような感覚です。何か失敗をしたこどもに対して親が理由も聞かずに頭ごなしに叱ったりするような態度です。
相手を支配したり、自分が優位に立とうとする態度でもあります。

非主張的自己表現(ノン・アサーティブな自己表現)

自分を大切にせず、相手を大切にする自己表現です。一見、相手に配慮していて良さそうにみえますが、相手に対して率直ではありませんし何より自分に対して正直ではありません。
言いたいことを我慢して心の中でブツブツ言ったり、別の人に不平を聞いてもらう、というような態度です。ですから、不満(ストレス)が溜まり、上述のようにある日とつぜん爆発、ということになりかねないのです。

アサーティブな自己表現

自分自身も相手も大切にした自己表現です。そのためには人の話をよく聴き、その上で自分の考えを伝える必要があります。
また、その「伝え方」もとても大切なのです。お互いに自分と相手を尊重した表現をし、それを大切にし合って理解を深めていくのです。


今まで「ノー」を言えずに自分を押し込めてきた人は、アサーション・トレーニングを受けてアサーティブな自己表現について学んでみると、新しい気づきを得られ、生きやすい自分に出会えるかもしれません。


 女性のためのカウンセリング ヒーリングルームローズマリー

ホームページはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ