冷え性を改善する身近な方法とは

少しずつ秋が深まって、冬のコートはまだ早いし、何を着て出かけたらよいのかしら?と迷うことが多くなりました。これからもっと寒い季節になりますと、肩を丸め、首をすぼめて良くない姿勢のまま歩いている人をたくさん見かけます。そして、女性には冷え性の人が多く、挨拶の言葉が「寒いですね」という言葉に置き換わっていきます。このような季節、女性のみなさんはどんなふうに身体を温める工夫をしていますか?

冷え性の原因となること

身体の機能が正常な人は、寒い所から暖かい所へ移動すると、すぐに身体が適応して血行が良くなるのですが、この調節機能が働かないと、血管が収縮したままで血行が良くならず、身体が冷えたままで温まらないのです。その原因としてはストレス、運動不足、加齢、喫煙、などがありますが、身体を冷やす食べ物(生野菜、果物、冷たい飲み物など)も一因となります。

身体を温めるにはハーブティーがオススメ

ジンジャーティー

外出から帰ってきたとき、または、外出先で一休みするとき、みなさんは何を飲むでしょうか。私はひと昔前までは「コーヒー」でした。特に、外で注文するときには何も考えずに口から「コーヒー」という言葉が出てきていました。コーヒーの香りも好きですし、ちょっと疲れたときには頭がスッキリするような気がして、一休みのときも、食後にも、とにかくコーヒーばかり飲んでいました。でも、今の私はコーヒーを飲むのは朝だけ。そのあとはお茶、特にハーブティーを飲むことが多いのです。寒い季節には、ジンジャー(生姜)やエキナセアがブレンドされているものが身体を温めてくれます。エキナセアには抗ウィルス作用があり、風邪の予防にも役立ちます。

黒糖生姜はすぐれもの

ハーブティーが苦手という方や、茶葉を使うお茶を楽しむ環境にない、という方は生姜を乾燥させて黒糖をまぶした「黒糖生姜」を利用しましょう。私は秋冬の毎朝、黒糖生姜一切れをカップに入れて熱湯をそそぎ、黒糖が溶け出たらお湯を飲んでそのあと生姜を食べます。これのおかげでだいぶ冷え性が改善されました。紅茶にいれてもいいですし、黒糖生姜をそのまま食べることもできます。ただし、美味しいからといって食べ過ぎには注意しましょう。

冷え性はメンタルにも影響します

身体が冷えていると行動力が落ちますね。行動力が落ちると気分が滅入り、何をするのも面倒になってしまったり、楽しいことを考えられなくなってしまいます。また、冷え性は胃痛や肩こり、便秘などを引き起こしますので憂鬱な気分が増してしまい、ますます悪循環に。明るい気分で元気に冬を乗り切るためにも、冷え性対策をきちんとしましょう。

身体をあたためるには入浴がいちばん!

冷え性の人におススメのお風呂の温度は40℃前後。38℃のぬるめにゆっくり浸かる、という人もいますが、38℃では身体が温まるまで時間がかかり過ぎます。40℃くらいのお湯に10分以上浸かればからだはよく温まります。入浴にもアロマが大活躍。オレンジ、ゆず、マジョラム、レモングラスなどに加えて、サイプレス、ジンジャー、ラベンダー、パチュリなどを試してみてください。浴槽に精油をたらしたらよくかき混ぜます。また、精油の量は全部で5滴までとしてくださいね。

女性の大敵である冷え性を改善して、これからの秋冬を快適に過ごしましょう。

“冷え性を改善する身近な方法とは” への1件のフィードバック

コメントを残す

このページの先頭へ