天使のハーブ「アンジェリカ」をご存知ですか?

緊張したこころにアンジェリカの香りを

アンジェリカ(アンジェリカルート)は不安と力の精油と呼ばれていて、ヒーリング効果がとても強い精油です。多忙で緊張したり焦燥したり、が交互に押し寄せてしまうような時。また、脱力感がある一方で緊張感が残ってしまい、こころのバランスが取れていないような時。こんな時にはアンジェリカの精油を焚いて、深呼吸をしてみましょう。

アンジェリカやベチバーのように「根」から抽出した精油は、こころを落ち着かせ、地に足をつけた状態にしてくれます。まさに「根付く」ということですね。情緒不安定な時、ストレスがたまっている時、優柔不断になってしまい、あれこれ迷いのある時など、どっしりとした重みのある香りがこころと身体にエネルギーをチャージしてくれます。そして、過去のいやな思い出や邪悪なものから身を守り、悪影響を最小限に抑えてくれる、と言われています。

アンジェリカの名前の由来

angel

アンジェリカのハーブはヨーロッパで古くから利用されてきました。天使(エンジェル)がその秘めたる力を人間に教えてくれたという言い伝えから「アンジェリカ」という名前がついたそうです。別名は「精霊の根」(ホーリースピリットルート)とも呼ばれていて、神聖な植物として扱われていました。スパイシーで、ぬくもりのある落ち着いた香りは、「こうであるべき」というがんじがらめな思考を解き放ち、不安を取り除き、モチベーションアップしてくれます。

アンジェリカと相性の良い精油

バスタイム、芳香浴、トリートメントなどにアンジェリカは大活躍。バスタイムにジュニパーとブレンドするとその相乗効果でデトックスに効き目があります。その他、柑橘系の精油、クラリセージやレモングラス、パチュリなどと相性が良いです。アンジェリカは香りも作用も共に強いので、使うときには1~2滴で十分です。また、なるべく他の香りとブレンドして用いた方がよいでしょう。

アロマのはばを広げてみませんか?

ヒーリングルーム ローズマリーでは、サロンにてアロマのご紹介をしています。
土日祝日、あなたのご都合のよいお時間に一緒にアロマを楽しみませんか?
詳しくはHPをご覧ください。

コメントを残す

このページの先頭へ