あなたにとって一番大切なのは誰ですか?

今年の流行語は『ダメよ~ダメダメ』と『集団的自衛権』。
昨年は「今でしょ!」「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」「倍返し」でした。
この中の「おもてなし」は昔から普通に使われている言葉です。

おもてなしとは

おもてなし

辞書には、客に対する扱い。待遇。客に出す御馳走。接待。態度。物事に対する扱い。人や物事に対する振る舞い方。とりはからい。処置。
などのように書かれています。
これは、おもてなしをする側に立った言葉の意味です。
これを逆側、つまりおもてなしを受ける側から見ると「自分が大切に扱っていただいている」と感じられることだと思います。

「自分が大切にされている」と感じることは、お客としての立場の時だけではなく、普段の生活の中でもとても重要なことです。

 家族から大切にされている
 友人から大切にされている

人から大切にされると、自分に自信がもてます。

自分の存在価値を感じること

親から大切に育ててもらった人は、自分を肯定的に捉えることができますし、自分の存在に価値があると思うことができ、自分に自信をもてます。何か失敗をしても立ち直ることができます。

けれど、家族から大切にされたと感じられなかった人は、自分を肯定的に考えることができません。自分なんて価値のない人間だ と思いがちです。ですから、失敗をするとますます自己評価がさがってしまい、なかなか立ち直ることができません。

あなたにとって一番大切な人は誰?

仲間

家族から大切にされているから、自分にとって大切なのは家族。それも答えのひとつです。けれどその前に・・・。あなたが一番大切にしなければならないのは、あなた自身なのです。身体の調子が悪ければ無理をせずに休みましょう。メンタルが不調であれば誰かに相談するとか、ストレスを解消しに行きましょう。人から大切にされたと感じられなかった人は、まずは自分を大切にしましょう。「自分なんてダメなんだ。」と思うことは、あなたが自分をいじめていることと同じなのです。

八つ当たりしてしまいませんか?

あなたに悩みがあって、それを一人で抱え込んでいる時には、いくら笑顔をつくってもどこかに影が表れます。心の不調が身体の不調につながることもあります。イライラしたり無口になったりする人もいるでしょう。すると、対人関係はどうなるでしょうか。自分の中のイライラを人にぶつけてしまったりして、人に不快感を与えてしまいます。また、身体が不調になってしまうと周りの人に心配をかけてしまいます。このように、自分を大切にしないことは、結果として人を大切にできていないことになるのです。

自分を受け入れるということ

グリーン

先の話にありましたように、おもてなしというのはお客様を大切にする行為や態度です。お客様を大切に扱えばお客様もそのサービス先を大切にしてくれます。人から尊重されている、と感じられる人は人のことを尊重することができます。その出発点は自分を大切にすることです。
自分を大切にしましょうと言われると「甘やかすのか」「わがままを認めるのか」と思われるかもしれませんが、そうではありません。
自分を大切にするということは、自分を受け入れる ということです。良い状態であっても良くない状態であっても、それを評価せずにそのまま受け入れることです。

自分の身体を大切にする。自分の気持ちを大切にする。自分の時間を大切にする。
それが人を大切にすることにつながり、結果、人から大切にしてもらえることになるのです。

コメントを残す

このページの先頭へ