自分が生きやすくなるために

私ってどうしていつもこうなんだろう・・・

こうなってしまったのは、私が悪いんだ・・・。あなたはいつもそんなふうに考えてしまっていませんか?

  •   人とのコミュニケーションがうまくできない
  •   仕事で小さなミスを繰り返してしまう
  •   自分のことが好きになれない
  •   家族となんとなくしっくりいかない
  •   過食とダイエットを繰り返してしまう

なのに、どうしてよいのかがわからず、自分が悪いんだ と自己嫌悪におちいって一人で悩んでいませんか?

思考のクセ

そんなあなたには、ある「思考のクセ」があり、そこからぬけ出せずにあがいているばかりなのです。そして、そんな自分に気がついていないだけなのかもしれません。自分の「思考のクセ」を理解して、その考え方をちょこっと変えていくと、あなたの心はあたたかくぽかぽかと満たされて、人との関係も、ぐっとよくなるはず。

内向型とは

何かにつけ、自分に原因がある、自分が悪い、私のせいなんだ、と考えるタイプを内向型といいます。たとえば、試験の結果がかんばしくなかった時に「自分の努力が足りなかったからだ」「試験前日に遊んでいた自分が悪いのだ」と考えるタイプです。原因を自分に向けますので向上心があれば努力によって次の試験では良い結果を出せるかもしれません。内向型の人は思いが内面に向きますので洞察力があり、人の心をおしはかることができます。ただ、すぐに悩んでしまう傾向があります。また、静かに時を過ごすことを好むため、人づきあいが良くない、と思われがちですが、決してそうではありません。

外向型とは

何かにつけ、ひとのせいにする、あの人がこう言ったから自分はこうしたのに、こんな結果になってしまった、と考えるタイプを外向型といいます。上記の例で言いますと、試験の結果が良くない時に「試験会場の温度が自分に合わなかった」「試験前日にAさんが誘わなければ自分は勉強したのに」「隣の人の紙をめくる音がうるさかった」などと言いわけをするタイプです。社交的で自己主張が強いので、リーダーシップをとれるタイプに思われて人から頼られることも多いですが、トラブルも多く、味方も多いけれど敵も多い、ということになります。一見ストレスがなさそうに見えますが、本人の気づかないところで実は傷ついているのです。

自分の思考のクセを知るためには

自分の思考のクセを知り、世の中には色々なタイプの人がいて、それぞれが自分の事情をかかえているのだ、というように物事のとらえかたを変えてみましょう。自分が悪いからあの人があいさつをしてくれなかったんだ、と考えるのではなく、あの人にはあいさつのできない何か事情があったのかも、と考えるようにしましょう。コンタクトレンズを入れてなくて私のことが見えなかったのかも。何か考え事をしていてあいさつができなかったのかも。そもそも、挨拶をすることが好きじゃない人なのかも・・・。ちょっと心が楽になりませんか?心が軽くなると表情もおだやかになり、今まで遠くにいた人が少しずつ近づいてきてくれます。そしてあなた自身がもっともっと生きやすくなれるはずなのです。ところが、その思考のクセは自分では気づきにくいもの。ですから一人で悩んでいても、そこから抜け出すことはむずかしいのです。

ぜひ、カウンセリングで私とお話をしながら、あなたの思考のクセを一緒に探していきましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ