天職と適職、そして転職。

この年になっても自分の天職が見つからない。
現在の仕事が適職なのかわからない。
けれどこの年齢では転職する勇気がない。
アラフォーの女性からそのようなご相談が増えています。

天職とは?

一本道

天職とは、天から授かった職業、天性にもっとも合った職業のことです。とても輝かしい言葉ですね。
自分の仕事が「天職」と思えることはとても幸せなことです。
果たしてどのくらいの人が自分の仕事を「天職」と思えているのでしょう。
この私は残念ながら「これぞ私の天職!」と思える仕事に巡り会ったという自覚はもてていません。
将来、現在の仕事を「天職」と思えるのか、それとも別の「天職」に巡り会えるのか、現時点ではわからないのです。

適職とは?

適職とは、自分の才能や能力に合っている職業、ということです。
また、適職とは才能や能力だけではなく、自分の性分(性格)に適した仕事でもあります。

天職と適職

以上のことから、天職はひとつかもしれないのですが、適職はひとつとは限らないかもしれないことがおわかりでしょうか。
私自身もこれまで、いくつかの職業に就いてきましたが、向いていないと思っていた仕事が意外と向いていたり、好きで就いたはずの仕事が苦痛で悩んでしまったり、ということがありました。
実際にその仕事に就いてみないとわからないこともたくさんあります。

転職を考える時

pcと女性

現在の仕事にもう一歩没頭できなかったり、職場の人間関係に疲れてしまったり。
また、仕事上の失敗は誰にでもあることですが、失敗が続いてしまうと、この仕事は自分には向いていないのではないかと考えてしまいます。

向いていないのかも、と気づいてからもさらに失敗が続いてしまうと、自尊心の低下からメンタル不調へとつながることもあります。
メンタル不調から、休職せざるを得ない状況になってしまうことも。

こういう場合には思い切って「転職」を考えてみては?
パワハラ・モラハラなどを受けて人間関係がうまくいかずに苦しい思いをしているのであれば、余計なエネルギーを使わずにさっさと「逃げるが勝ち」の場合もあります。
その分のエネルギーを新天地のために使う方がよいかもしれません。

転職の仕方は二通り。どちらにもメリット・デメリットが。

スマホ

現職を続けながら転職先を探す場合

収入減の心配をしなくて済むというメリットがある反面、現職との関係で、タイミングよく面接を受けることができない場合があります。
また、転職先を探していることが現職場に知れてしまうと居づらくなることもありますので、内定を受けるまでは他言しない方が賢明でしょう。

退職してから転職先を探す場合

収入が無くなるデメリットはありますが、無収入の間の生活費の確保ができるのであれば、じっくりと転職活動ができるというメリットがあります。
ただし、必ずしも転職先が見つかるという保証はありませんので慎重に。

現代は自宅にいながら、公的機関や民間のサイトなどを利用して仕事を探せる時代。
これらを上手に利用して新しい一歩を踏み出す勇気を。
過去にしがみついていても新しい人生、新しいキャリア形成をする道は開けません。

何かを得るためには何かを手放す勇気も時には必要です。

女性のためのアロマ心理カウンセリングルーム

ヒーリングルーム ローズマリー は東京にある女性のためのカウンセリングルーム。

女性カウンセラーがあなたの心の悩みをお聴きします。

どんなことでもお気軽にご相談ください。

HPはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ