あなたには今、お友だちがいますか?

おともだち

私のカウンセリングルームにいらっしゃるクライエントさんに、カウンセリングの中で「お友だちはいらっしゃいますか?」とお聞きすると、多くの方は「ほとんどいません。」とか「あまりいません。」とおっしゃいます。
だからカウンセリングにきているのだ、とも。

中には、「いますが、友だちに会った時は楽しく過ごしたいから、相談事はしません。だからカウンセリングにきています。」というかたもいらっしゃいます。

どちらも「なるほど」と思います。

友だちとはどんな人?

「友だち」という言葉の定義。辞書によれば、

  互いに心を許し合って、対等に交わっている人。
  一緒に遊んだりしゃべったりする親しい人。
  友人。朋友。

女友だち

現在は、SNSの世界においては、単に知り合いの意味でも「友だち」という言葉を使っています。

その是非はともかく として、知り合いでなくても「友だち申請」をしてくる人もいます。

中には、「友だちの数」1,000人以上、というすごい人もいます。
そうなってくると、その人にとってのSNS上の友だちは、「互いに心を許し合って~」だけが対象ではないことがわかります。

友だちはいなくてもいい?

中には、人と関わることが苦手なので、友だちはいなくてもいい、いない方がいい、というかたもいらっしゃいます。

もし、「友だちはいなくてもいい」という言葉の奥に「友だちの作り方がわからない」とか「関わり方がわからない」 だから 「友だちはいないほうがいいと自分に言い聞かせている」という真意が隠されているのでしたら、そこのところを少しずつ克服していかれたら良いのにな、と思います。

友だちをつくるには

友だち

一緒に遊んだりしゃべったりする友だちはたくさんいてもいいですね。楽しい時間が過ごせますし、たくさんいれば得られる情報も多いでしょう。

その一方で・・・お互いに心を許し合って、対等に交わる
こういうお友だちは、そうたくさんできるものではないでしょうし、たやすくないでしょうね。
でも、たったひとりだとしても、こういうお友だちがいたら実に強い心の支えになります。

「どうすればそういうお友だちができますか?」

その答は・・・。

自分自身で見つけられたら良いですね。

一朝一夕にはできないかもしれませんが、お互いに信頼し合い、大切にし合い、その積み重ねを経て気づけばお互いに心を許し合い、対等に交わることのできる間柄になっている。
そういうものかな、と思います。

人との関わり方、コミュニケーションの取り方がよくわからない、というかたは、ヒーリングルーム ローズマリーにて「対人関係カウンセリング」を受けてみませんか?
あなたの社会的スキルをアップさせ、楽な気持ちで対人関係を維持できるよう、サポートいたします。
どうぞご相談ください。

ホームページはこちらから

関連の記事はこちら

サロンのご紹介

カウンセラーのご紹介

 

コメントを残す

このページの先頭へ