妊娠中のアロマ

妊娠中にアロマはOK?

アロマテラピー

今年の春に結婚した娘が、現在妊娠初期でつわりに苦しんでいるようです。

私自身も悪阻がかなりひどい方で、しかも出産まで続いたという辛い経験があるので、娘の辛さを思うとなんとかしてあげたいと思うのです。

私の妊娠中はアロマテラピーというものは知らなかったのですが、今は世の中でのアロマに対する関心も高まっていますので、妊婦さんが悪阻の軽減や、妊娠線の予防のためにアロマテラピーを取り入れる方も多いようですね。

妊娠中にアロマは大丈夫なの?と言う声もよく聞きますので、ここでまとめてみたいと思います。

つわりの時

妊娠初期は急激なホルモンバランスの変化によって体調も精神的にもバランスを崩しやすい時。食事ができなかったり、匂いに敏感になったりします。個人差がありますから「この精油が良い」ということは言えませんが、気分転換のために香りを楽しむとすれば、

レモン、グレープフルーツ、ベルガモット、スイートオレンジ、マンダリンなどの柑橘系や、ネロリ、プチグレンなどオレンジの木(花)から抽出されたものやローズウッドなどが良いでしょう。

柑橘系の精油

いずれも自分が受け入れられる香りにしましょう。

妊娠中に禁忌とされているアロマ

子宮の収縮を促したり、ホルモンの分泌を促したりする作用のあるものは避けましょう。

クラリセージ、ローズ、ラベンダー、ローズマリー、カモミール、ペパーミント、フェンネル、ゼラニウム、ジャスミン、サイプレス、イランイラン、マジョラムなど、妊娠中に避けた方が良い精油は意外と多いものです。

ローズ

芳香浴(香りを楽しむだけ)であればそれほど問題はありませんが、直接身体に吸収されるマッサージや入浴に用いるのは避けた方が無難でしょう。

好きな精油があって、それが大丈夫なのか不安な方は、アロマテラピーインストラクターやセラピストに確認してから使うようにしてください。

妊娠中にオススメのアロマ

上記の悪阻の時にOKなアロマに加え、リトセア(リツエアクベバ)やフランキンセンス、パチュリ、ティーツリーなど。いずれもご自身が心地よく感じるものにしましょう。

ホホバオイルやスイートアーモンドオイルなどのキャリアオイルにフランキンセンスなどの精油を加え、スキンケアやおなかのマッサージに。妊娠線の予防のためにもお腹をオイルでやさしくマッサージするのは有効な手段です。ただし、マッサージは安定期に入ってから。

妊娠中は肌も敏感になっていますから、パッチテストを怠りなく。マッサージのし過ぎはよくありませんから、できればアロマセラピストさん(プロ)にお願いしましょう。

アロマを上手に使って快適なマタニティライフをお過ごしください。

 

女性のためのアロマ心理カウンセリングルーム

ヒーリングルーム ローズマリー では女性カウンセラーがあなたの心の整理をおてつだいいたします。
どんなことでもお気軽にご相談ください。
HPはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ